現在の研究

現在行っている研究について

現在行っている研究について
当院では年間600名ほどのめまい患者さんが来院しています。その中で特にメニエール病、前庭性片頭痛、PPPD(持続性知覚性性姿勢誘発めまい)について特に研究を行っています。
1 メニエール病
メニエール病に対してはフィリップス3テスラMRIを用いた、ヒドロプスイメージにて内リンパ水腫を可視化して病態の解明を行っています。画像検査で携帯の評価を行い機能検査であるcVEMPを用いて別の角度からの評価を行っています。
2 前庭性片頭痛
Murofushiらと共同開発したMLR検査によって聴覚刺激による脳過敏を一つの指標として前庭性片頭痛の客観的診断法の確立を目指しています。
3 PPPD(持続性知覚性性姿勢誘発めまい)
心因性めまいの合併も多い本疾患については、抗うつ薬の処方や心理的介入といった、耳鼻科医では難しい介入も行っています。

現在の研究

現在行っている研究について

現在行っている研究について
当院では年間600名ほどのめまい患者さんが来院しています。その中で特にメニエール病、前庭性片頭痛、PPPD(持続性知覚性性姿勢誘発めまい)について特に研究を行っています。
1 メニエール病
メニエール病に対してはフィリップス3テスラMRIを用いた、ヒドロプスイメージにて内リンパ水腫を可視化して病態の解明を行っています。画像検査で携帯の評価を行い機能検査であるcVEMPを用いて別の角度からの評価を行っています。
2 前庭性片頭痛
Murofushiらと共同開発したMLR検査によって聴覚刺激による脳過敏を一つの指標として前庭性片頭痛の客観的診断法の確立を目指しています。
3 PPPD(持続性知覚性性姿勢誘発めまい)
心因性めまいの合併も多い本疾患については、抗うつ薬の処方や心理的介入といった、耳鼻科医では難しい介入も行っています。
研修医募集中
研究について
診療のご案内
研修医募集中
研究について
診療のご案内

お問い合わせ

お問い合わせ
お問い合わせ

SNS

インスタグラムバナー画像
フェイスブックバナー画像

カレンダー

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログ

  1. ホームページ・リニューアルのお知らせ

PAGE TOP