耳鼻咽喉科・頭頸部外科カリキュラム

SBO(行動目標)

SBO(行動目標)
診療を行うに適切な態度、習慣を身につける。
診察に必要な耳鼻咽喉科・頭頸部外科的な基本的な手技を身につけ、正しく所見を取り、診断に必要な検査を実施することができる。また、その検査の理論を理解し、検査に伴う危険性などを正しく説明できる。
検査結果を正しく理解し診断を行い、その治療計画を立てることができる。それに対する治療効果、合併症などをインフォームドコンセントの意義を理解し、患者や家族に説明できる。
治療計画に対して正しく実践する知識、技術を有する。
診療録を適切に記載し、他の医師に的確に報告できる。
チーム医療の重要性を理解し実践でき、その中で下級医を教育、指導できる。
耳鼻咽喉科・頭頸部外科以外の疾患も適切な科に依頼することができ、他科からの依頼に応じることができる。
リスクマネージメントの意義を理解し医療事故を回避できる。
地域医療の重要性を理解し、病診連携、病病連携を行い患者医療の向上に努められる。
臨床研究を計画・実践し、その成果を学会発表できる。

手術

手術
耳科学
中耳炎に対し、鼓膜切開、鼓膜チューブ挿入術ができる。
耳介血腫穿刺、先天性耳瘻孔摘出術ができる。
鼓室形成術、乳突洞削開術の助手ができる。
鼻科学
鼻出血に対してその状態に適切な止血術を選択、施行できる。
アレルギー性鼻炎に対して、レーザー鼻粘膜焼却術ができる。
慢性副鼻腔炎に対してESSができる。
口腔咽頭
扁桃周囲膿瘍に対して切開排膿術ができる。
顎下腺全摘術(良性腫瘍、唾石症)ができる。
耳下腺腫瘍摘出術が指導医のもとにできる。
喉頭
声帯ポリープ、声帯結節などの対して喉頭微細術ができる。 喉頭癌の生検ができる。
頭頸部
気道確保のため気管切開ができる。
頸部リンパ節の穿刺吸引細胞診ができる。
悪性リンパ腫などに対して頸部リンパ節生検ができる。
頸部郭清術が指導医のもとにできる。
頭頸部癌根治術、再建術の助手ができる。

耳鼻咽喉科・頭頸部外科カリキュラム

SBO(行動目標)

SBO(行動目標)
診療を行うに適切な態度、習慣を身につける。
診察に必要な耳鼻咽喉科・頭頸部外科的な基本的な手技を身につけ、正しく所見を取り、診断に必要な検査を実施することができる。また、その検査の理論を理解し、検査に伴う危険性などを正しく説明できる。
検査結果を正しく理解し診断を行い、その治療計画を立てることができる。それに対する治療効果、合併症などをインフォームドコンセントの意義を理解し、患者や家族に説明できる。
治療計画に対して正しく実践する知識、技術を有する。
診療録を適切に記載し、他の医師に的確に報告できる。
チーム医療の重要性を理解し実践でき、その中で下級医を教育、指導できる。
耳鼻咽喉科・頭頸部外科以外の疾患も適切な科に依頼することができ、他科からの依頼に応じることができる。
リスクマネージメントの意義を理解し医療事故を回避できる。
地域医療の重要性を理解し、病診連携、病病連携を行い患者医療の向上に努められる。
臨床研究を計画・実践し、その成果を学会発表できる。

手術

手術
耳科学
中耳炎に対し、鼓膜切開、鼓膜チューブ挿入術ができる。
耳介血腫穿刺、先天性耳瘻孔摘出術ができる。
鼓室形成術、乳突洞削開術の助手ができる。
鼻科学
鼻出血に対してその状態に適切な止血術を選択、施行できる。
アレルギー性鼻炎に対して、レーザー鼻粘膜焼却術ができる。
慢性副鼻腔炎に対してESSができる。
口腔咽頭
扁桃周囲膿瘍に対して切開排膿術ができる。
顎下腺全摘術(良性腫瘍、唾石症)ができる。
耳下腺腫瘍摘出術が指導医のもとにできる。
喉頭
声帯ポリープ、声帯結節などの対して喉頭微細術ができる。 喉頭癌の生検ができる。
頭頸部
気道確保のため気管切開ができる。
頸部リンパ節の穿刺吸引細胞診ができる。
悪性リンパ腫などに対して頸部リンパ節生検ができる。
頸部郭清術が指導医のもとにできる。
頭頸部癌根治術、再建術の助手ができる。
研修医募集中
研究について
診療のご案内
研修医募集中
研究について
診療のご案内

お問い合わせ

お問い合わせ
お問い合わせ

SNS

インスタグラムバナー画像
フェイスブックバナー画像

カレンダー

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログ

  1. ホームページ・リニューアルのお知らせ

PAGE TOP